デザインのある光景Number: 1


Subject:

Jet Engine

Text: Yoshiko Taniguchi

Photo: Kyoko Omori

Mother Comet No.13 | 2017.April

飛行機の心臓部ともいえる、ジェットエンジン。今回は特別に、カバーを開けたジェットエンジンの内部を見せてもらえるということで、スターフライヤーのメンテナンスセンターを訪ねた。

飛行機1機がすっぽり入る大きな空間で私たちを待っていたのは、エアバスA320。この機体に搭載されているジェットエンジンは、アメリカ・フランス合弁の「CFMインターナショナル」製。最大推進力が大きいという特徴のほか、出力を調整するためのスロットレバーを動かすと、自動的に左右のエンジンバランスを調整するという、便利な機能もついている。「アクセルも決められた出力しか出せないし、全てが機械によってコントロールされています。この飛行機に限っては、ほぼオートメーションで飛んでくれるんです」。黒い機体を見上げながら、ベテラン整備士が教えてくれた。

そんな話に耳を傾けていると、若い整備士たちが2人がかりでエンジンカバーを持ち上げ始めた。両手を広げるように、左右に上昇したカバーの中から姿を見せたのは、ボディに約300万個ものパーツをまとった精密機器の集合体。大きさゆえの迫力と、とことん追求し、おのずと生まれたであろう機能美。初見なら、誰もが心を奪われる光景だ。

「エンジンにはAとB、2つのチャンネルを備えていて、例え1つが不具合を起こしても、残りの1つでカバーできるようになっています。しかもお互いに間違いがないかを確かめ合う”クロストーク”というプログラムも内蔵しています」。人知の限りを尽くして作られたエンジンの、なんと万能なことよ。

しかし、どんなに自動化が進んでも、飛行機を安全に飛ばすためには、人の手が欠かせない。運航前に法で義務づけられた定期点検を行い、機械がより円滑に動くよう、整備するのは人間だ。取材中、若い整備士の女性が、油で汚れた機体を丁寧に何度も拭いている姿を見かけた。人が機械に寄り添う光景はとても優しく、今もしっかりと目に焼き付いている。

航空券を予約する

カレンダーで選択する
大人
1名(12歳以上)
小児
0名(3~11歳)
幼児
0名(0~2歳)

国際線はこちら

予約内容を確認・変更する

航空券をご予約のお客様

ご予約済みのお客様は以下の予約一覧から予約内容の確認・座席指定の変更・解約ができます。

航空券+ホテル(DP)をご予約のお客様

公式パッケージの予約確認・取消・座席指定・領収書発行はMyPageから行えます。

国際線はこちら

運航状況を確認する

国際線はこちら

航空券+宿泊を予約する