国際線:お手荷物の機内持ち込み

機内持ち込み手荷物

機内にお持ち込みいただける手荷物は、身の回り品(ハンドバッグ・カメラ・傘など)のほか、以下の条件の手荷物1個となります。

大きさ 3辺の合計が115cm以内(55cm×40cm×25cm以内)
個数 お一人様1個まで
重さ 10kgまで
  • サイズ以内の手荷物の場合でも、客室内に収納できない場合には受託手荷物としてお預かりすることもございます。
  • 航空保安検査の強化および機内安全のため、持ち込み手荷物削減にご協力をお願いいたします。
  • 保安検査場で手荷物の大きさを確認いたします。
    • 手荷物検査場にサイズを確認するゲージを装着しています。
    • 規定を超えた手荷物は保安検査ができません。
    • 機内持ち込みサイズを超える手荷物はカウンターにてお預けください。

特別旅客料金について

機内持ち込みサイズを超える壊れやすいお手荷物(楽器・絵画等)を機内にお持ち込みになる場合など、1名で2席以上の座席が必要なお客様は特別旅客料金(ご購入運賃と同額)をお支払ください。

液体物の機内持ち込み制限について

液体類の機内持ち込みが以下の通り制限されます。

  • 1
    あらゆる液体物、ジェル、エアゾール類などは、100ミリリットル以下の容器に入れてください。
    100ミリリットルを超える容器に100ミリリットル以下の液体物が入っている場合でも不可となりますので、その場合は受託手荷物としてお預けください。
    飲料類、クリーム・ローション・オイル類・香水、スプレー、シャンプー類、シェービングフォーム、防臭剤等のエアゾール類、歯磨き粉等の練り状物、半固形物、その他同様の物を含みます。
    • 100ミリリットル=100グラムと読み替えます。
  • 2
    それらの容器を容量1リットル(1000ミリリットル)以下、縦横の辺の合計が40cm以内のジッパー付きの透明プラスチック製袋に余裕をもって入れてください。
    プラスチック製袋はお客様ご自身にて事前にご用意ください。
  • 3
    お一人様あたりの袋の数は一つのみです。
    透明プラスチック製袋はその他の手荷物とは別にして手荷物検査場にて検査係員に提示してください。

詳細については、国土交通省ホームページをご覧ください。

医薬品、ベビーミルク/ベビーフード、特別な制限食の取り扱い

ご搭乗される便でご使用になる分量は、透明プラスチック袋に入れなくても持込み可能です。ただし、ベビーミルク・ベビーフード等の乳幼児用飲食品はいずれも乳幼児が 同行している場合に限ります。また、処方薬は処方箋の写し、病名などが分かる医師の診断書類の提示を求められる場合があります。

免税品の取り扱い

出発地空港での取り扱い

出発地空港の免税品等で購入された酒類等は機内持込みが可能です。
購入された液体類は目的地まで開封せず、購入されたままの状態でお持ちください。

航空券を予約する

カレンダーで選択する
カレンダーで選択する
カレンダーで選択する
1名(12歳以上)
0名(2~11歳)
0名(0~1歳)

国内線はこちら

予約内容を確認・変更する

航空券をご予約のお客様

ご予約済みのお客様は以下の予約一覧から予約内容の確認・座席指定の変更・解約ができます。

国内線はこちら

運航状況を確認する

国内線はこちら