RECRUITMENT採用を知る

待遇/福利厚生について

「働き方改革」の実施による
ワークライフバランスの充実と
さらなる社員活躍を目指して。
社員の働きやすさを考えたサポートを
常に行っています。

項目 具体的内容
人事・賃金制度の変更
  • ● 年功序列的な賃金制度から業績型賃金制度に変更
  • ● 地上職の職掌を、(全国)総合職・エリア総合職へ変更し、働き方の選択肢を拡大
  • ● 複線型キャリアプランを設置し、働き方の選択肢を拡大
  • ● 管理職前のリーダーポストの新設による管理や部下育成経験の補完
教育訓練の充実
  • ● SFJらしい人財づくりの為の教育訓練体系の整備
  • ● 階層別教育の充実(内定~新入社員~中堅~監督層~管理職)
  • ● 社員キャリア研修実施
  • ● 社員の社外研修・異業種交流派遣
  • ● 人財の開発を行う組織を立ち上げ、会社独自の文化創りに着手
「働き方改革」の実施
  • ● ワークライフバランスの充実/業務効率化実施
  • ● 育児介護休職制度の拡充
  • ● 残業削減・長期休暇取得による総実労働時間短縮
  • ● 「イクボス」の展開による職場風土改革
  • ● 「環境が人を創る」という思想の下で新しいオフィス創りに着手

福利厚生

  • ● 各種社会保険完備(健康・厚生年金・雇用・労災)
  • ● 従業員優待搭乗制度(自社便・ANA便)
  • ● 従業員持株会制度
  • ● 慶弔見舞金制度
  • ● 定期健康診断
  • ● 確定拠出年金制度(401k)
  • ● GLTD(団体長期障害所得補償保険)
  • ● 資格取得支援制度
  • ● 通信教育受講補助制度(受講料の50%を奨励金として会社より負担)

CLOSE UP TOPIC

第9回「北九州市ワーク・ライフ・バランス表彰」を受賞しました。

表彰理由は「トップと社員とのダイレクトコミュニケーションにより“働く安心感” を創出」したから。スターフライヤーでは松石社長就任と同時に社長室を廃止し、2016年からは社長デスクを一ヶ月ごとに各部署に移動させて、社員と直接対話できる職場環境を創出しました。また、育児休業から復帰した社員とのランチ会「ワーキングマザーミーティング」に社長自らが参加し、仕事と家庭の両立の悩みの声に耳を傾けるとともに、打開策を検討。その結果、客室乗務員(CA)業務は宿泊を伴うため、子育てとの両立が難しかったが、「CAとしてのキャリアを継続したい」との要望をもとに、宿泊しなくてもCA勤務を続けられる新制度を創るなどの改革を実施。また女性だけにとどまらず、男性パイロットの育児休業取得者も徐々に進めています。全社的に制度と風土の両輪がうまく回り始め、社員満足度の改善が図られています。

SFJ 女性活躍推進基本計画
目標(2020年度末)
・女性管理職比率20%
(2017年12月末 16%)
・有給休暇の取得推進12日
(2016年度実績 13日)

TOPへ戻る