それは、誇り高き挑戦の証。

> 受賞結果発表!

グランプリ・各部門賞が決定しました!

“黒星 of the Year”とは?

黒星 of the Yearは、
スポーツ・ビジネス・芸能・コンテンツ・
イベントなどさまざまな分野で、
残念ながら必ずしも優勝・成功
しなかったかもしれないが、

「グッときた!」
「勇気づけられた! 」
「ありがとうと言いたい! 」

そんなものを広く一般の方々から募集し、
審査し、表彰する賞です。
自薦・他薦は問いません。

宣言文

「黒星 of the Year」
それは、誇り高き挑戦の証。
勝負の上では負けたかもしれない。
世の中に受け入れてもらうことが
できなかったかもしれない。
本当の思いは遂げられなかったかもしれない。
だが、そのチャレンジは
世の中に勇気と希望を与えた。
多くの人の心に火をつけた。
> 宣言文全文を読む

受賞結果発表

2019年12月16日に行われた授賞式で、
「黒星 of the Year 2019」グランプリと
各部門賞が決定しました。

キングジム
気づかせメモ「カクミル」

社内の反対を乗り越えて
辿り着いた境地

手書きのメモにアラームを設定することで、忘れてしまいがちな予定などを知らせる「気づかせメモ『カクミル』」。開発前の社内会議にて参加者全員から反対されても諦めず、昨年のクラウドファンディングで成功して製品化を進め、今年見事発売を迎えました。
斬新なアイデアと、社内でボツにされながらもプロジェクトの支援者に認められた実績は、クラウドファンディングの可能性を見出したことに加え、多くの人にチャレンジする勇気を与えてくださいました。

> 続きを読む

受賞者コメント

株式会社キングジム電子文具開発部
デジタルプロダクツ課リーダー 東山 慎司

黒星 of the YearのGrand Prixをいただけるとはまさか思ってもみませんでした。驚きと喜びと感謝のきもちでいっぱいです。ありがとうございます。
そして、クラウドファンディングでまた新たな挑戦もしています。「デジタルノート『フリーノ』」プロジェクトです。製品化の前に多くの要望をいただけているので、世の中の方と一緒に製品のブラッシュアップをしていくモノづくりをこれからも進めていきます。
今後も、社内では反対された商品でも、諦めずに商品化をチャレンジしていきたいと思っています。やらないより、やってダメだった方が自分の中でスッキリしますし、経験値も溜まり、それがまた次の一歩へとつながるからです。

審査員コメント

箕輪 厚介

どんな商品も、どんなサービスも、最初は一人の熱狂からしか生まれません。実現するかしないか、の前に、まず熱狂があることがなによりもすばらしいと思いました。と同時に、ビジネスである以上、実現しないとダメなのもまた冷酷な真実。熱狂に加えて、実現にまでもっていったことが本当にすばらしいと思いました。

古川 健介(けんすう)

スマートフォン全盛期の今、あらゆるものはソフトウェアに食われるといわれています。その中で、メモやアラームなどはスマートフォンでも標準機能としてあり、難易度が高い分野です。なので、社内からの強い反対は想像できます。しかし、本当にスマートフォンで全部が完結することは便利なのでしょうか?アナログのメモのほうが便利では?というう思いがありますよね。奇をてらったわけではなく顧客のことを考えて作られたこの挑戦は素晴らしいです。

中野 信子

シンプルに良い製品のように思います。開発秘話もセットで売り出されるとより良いのではないでしょうか。

お笑い芸人
チョコレートプラネット

ブレイクに甘んじず、
次への挑戦をし続ける

IKKOさん・和泉元彌さんなどのモノマネや、TT兄弟で今年大活躍されたチョコレートプラネット。しかしブレイクまでの道のりは長く、売れていく同期や後輩芸人に嫉妬した時期もありました。さらに、今年、「TT兄弟」で流行語大賞のノミネートを期待されるも落選され、「キングオブコント2019」準決勝に進むも、残念ながら決勝には進めないなど、悔しい思いもされました。しかし、モノマネのブレイクにとどまらず、すぐにリズムネタ「TT兄弟」にチャレンジされるなど、そのたしかなお笑いのセンスと実力、勢いへの賞賛、また、さらなる活躍を期待する声が多数集まりました。

> 続きを読む

受賞者コメント

チョコレートプラネット

ぼくたちはなかなかブレイクせず、キングオブコントも流行語大賞も黒星ばかりなのに、ここまでなんとかやってこれました。そんな中でも、こんなに立派な黒星の賞をいただけてうれしいです。

審査員コメント

古川 健介(けんすう)

ぼくはマンガのWEBサービスをつくってるんですが、今の世の中で時代に求められているのは、マンガの主人公みたいな人たちだと思うんです。マンガの主人公たちは結果を出す人ではなく、挑戦している人。挑戦し続けているからこそ、人々は主人公に共感すると思うんです。
チョコレートプラネットさんは挑戦し続けてきた人。しかも、ブレイクするまで挑戦し続けてきたその量が圧倒的ですよね。その挑戦の量こそが、何よりもすばらしいと思いました。

中野 信子

周囲の評価に関わらず次々と新たな挑戦が出来るのは真の実力の証だと思います。

サファリリゾート
「姫路セントラルパーク」

愛される自虐広告への
果敢なチャレンジ

サファリパークと遊園地が融合した「姫路セントラルパーク」。35周年を迎えた今年、とある広告表現が話題になりました。キャッチコピーは、「ここは、日本一心の距離が遠いサファリパーク」。なぜそこまで自虐的に!? と驚く人が多かったのですが、大阪から車で約55分の好立地なのに、自社で行った意識調査で約50%の人に「大阪から平均3時間くらいかかる」と思われていることが判明したそうです。その心の距離を縮めるため、特設サイトを立ち上げてまで力を入れたのが、この挑戦的でユニークな“自虐的広告”。マイナスポイントをプラスに変える発想力、大胆な広告を実行に移した度量が多くの人の胸に響きました。

> 続きを読む

審査員コメント

小笠原 治

「黒星of the Year」というアワード名には、ある種のプライドが含まれていると思います。これからの伸びしろであったり、情熱であったり。「自虐的」と表現されることもあるようですが、姫路セントラルパークさんの広告には、それがあります。本日の授賞式には残念ながら出席されていませんが、その理由は急病の動物を世話するためと聞きました。これもあきらかなカスタマーファーストだと感じています。そういった部分が、みなさんからの支持につながったのではないでしょうか。おめでとうございました。

松石 禎己

広告費の使い方や配分は時に賭けであり、企業はつい好感度や直近の集客数のアップに目を奪われがちです。そんな中、「ここは、日本一心の距離が遠いサファリパーク」という思い切った広告コピーをプロモーションに採用した姫路セントラルパークさんに好感を持ち、そして行ってみたいと興味にかられました。その大胆さが評価され、審査評が集まったのだと思います。

大阪府泉佐野市公式
キャラクター
「一生犬鳴!イヌナキン!」

来年こそ、ゆるキャラグランプリNo.1を目指して

筋骨隆々。既存のゆるキャライメージを覆す「イヌナキン」は、泉佐野市の観光名所・犬鳴山をモチーフに誕生しました。「一生犬鳴(いっしょうけんめい)」が口癖で、街のPRのためならとにかくひたむき。しかし、肝心の「ゆるキャラグランプリ」では順位がふるわず、知名度アップのため「リアル・イヌナキン」としてプロレスデビューまで果たします。そんなひたむきな努力の甲斐あって、2017年総合38位、2018年総合4位と着実に順位は上がり、満を持して迎えた2019年の結果は……、大接戦の末わずか61ポイント差の2位。念願のグランプリには届きませんでしたが、一生懸命な姿を評価する声が多く寄せられました。

> 続きを読む

受賞者コメント

イヌナキン

<スタッフの方が代理でコメント>
Special賞をありがとう。「ゆるキャラグランプリ」は準グランプリだったが、みんなが応援してくれたこと、このような賞を創設してくれたスターフライヤーさんに感謝だぜ。地元・泉佐野市のために、これからも全国各地のイベントに参加するぜ!

審査員コメント

アン ミカ

私は大阪出身なのでよく知っていますが、泉佐野市をたくさんの人に知ってもらおうと一生懸命に活動していらっしゃいます。今年はラグビーW杯で活躍した日本代表のみなさんが話題になり、「ONE TEAM」が流行語大賞にもなりました。一生懸命という言葉は、今の時代のキーワードなのかもしれません。そして、ただ一生懸命なだけじゃなく、プロレスにまで参戦して、果敢に柔軟に楽しみながら活動されているのが素敵ですよね。「ゆるキャラグランプリ」は残念ながら2位でしたけれども、一生懸命がんばっているイヌナキンにここでひとつ賞をあげたいなと思いました。

> 全てのノミネートはこちら

審査について

審査基準

“Light up the heart”

その挑戦は、世の中の人の心に火をつけ、
勇気づけたり、楽しませたりしているか。

2019年の出来事に限る。

社会的知名度は問わない。

優勝、グランプリ受賞など一番になっていない。
(準優勝、準グランプリはOK)

審査員

箕輪 厚介

幻冬舎 編集者
オンラインサロン「箕輪編集室」オーナー
コンサルタント
プロデューサー
ユーチューバー

黒星 of the Yearに
期待すること

挑戦する人を応援する世界にしたいから。
挑戦とは無謀に挑むこと。だから、簡単に成功するようなことはそもそも挑戦ではない。

続きを読む

アン ミカ

モデル
タレント

黒星 of the Yearに
期待すること

次の一歩になるような、後押しをできるアワードになったら理想的なのかしらと思います。

続きを読む

中野 信子

脳科学者
東日本国際大学 客員教授

黒星 of the Yearに
期待すること

どんな面白い出会いと学びがあるのかとても楽しみにしています。

続きを読む

古川 健介(けんすう)

実業家
「アル」代表取締役

黒星 of the Yearに
期待すること

失敗を「これも意味があったよね」とか、無理に意味づけとかをしたりしないほうがいいと思っていて・・・。結果は結果だと思うのですね。

続きを読む

小笠原 治

起業家
京都造形芸術大学教授
「ABBALab」代表取締役

黒星 of the Yearに
期待すること

壮絶な黒星に出会いたいです。

続きを読む

松石 禎己

株式会社スターフライヤー
代表取締役 社長執行役員

黒星 of the Yearに
期待すること

チャレンジした人を表彰することで、社内も含め何かを『創る』ことに喜びを感じる人が増えることを期待しています。

続きを読む

推薦について

募集期間は終了しました。
たくさんのご推薦ありがとうございました。

プレゼント
ご推薦いただいた方の中から、抽選で10組20名様にスターフライヤー国内航空券プレゼント!
当選発表について
Twitterで推薦いただいた方:Twitterのダイレクトメッセージにて2019年12月末までにご連絡いたします。専用フォームで推薦いただいた方:記載いただいたEメールにて2019年12月末までにご連絡いたします。
スケジュール

10/10(木)~11/15(金)

ノミネート候補
一般募集

あなたが選ぶ「黒星 of the Year 2019」を
twitterか専用フォームで
推薦してください。

<推薦締切>
2019年11月15日(金)

12月上旬

ノミネート発表

全推薦の中から厳正な審査を行い、
各部門のノミネートを選出します。

12月中旬

授賞式・結果発表

全ノミネートの中から審査員の審査によって
グランプリほか各賞を決定し、
授賞式で発表します。

TOPへ戻る

発表!

概要

宣言文

受賞結果

審査について

推薦について

応募要項・利用規約

・キャンペーン参加方法

黒星 of the Yearにふさわしいと思われる人・物・サービスなどについて、具体的な名称と理由を、以下のどちらかで推薦してください。
・Twitterでハッシュタグ「#黒星oftheYear」つきでツイート
・推薦フォームに記入

・賞品

国内往復航空券 ペア10組様

スターフライヤーが就航する路線のうち、国内のお好きな区間を往復無料でご利用いただけます。
ご利用は、スターフライヤーが指定する期間となります。

・応募締切

2019年11月15日(金)

・規約

本応募要項・利用規約を全てお読みいただき、ご同意いただいた方のみご応募ください。

・賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。
・やむを得ない事情により、賞品は予告なく変更となることがあります。
・景品表示法の定めにより、本キャンペーンにお申込された方は、同時期に当社が実施するキャンペーンに当選できない場合があります。
・当選発表
Twitterで推薦頂いた場合:TwitterのDMへご連絡いたします。
推薦フォームにお送り頂いた場合:ご登録のご住所へ賞品の発送をもって代えさせていただきます。
・当選されたお客様には、TwitterのDMもしくはご登録のメールアドレスへご連絡いたします。
・当選者への連絡ならびに賞品の発送は諸事情により多少前後する場合があります。あらかじめご了承ください。
・当選者の連絡は、2019年12月を予定しています。
・賞品の発送は、2020年1月を予定しています。
・当選賞品の販売・換金はできません。
・当選に関するお問い合わせにはお答えいたしかねます。
・当選者の住所が不明確な場合や、転居による住所変更などの理由により、賞品をお届けできない場合、当選資格を無効とさせていただく場合があります。
・同一住所への賞品の発送は1点までとさせていただく場合があります。
その他、弊社が不正とみなした方は当選対象外とさせていただきます。
・当サイトの利用によるいかなるトラブル・損害(直接、間接の損害別を問わず)が発生したとしても当社は一切の責任を負いません。あらかじめご了承ください。
・本キャンペーンに関する個人情報の取扱に関しては、弊社プライバシーポリシーに準拠します。
・応募者は当キャンペーンのご応募にあたり、本応募要項・利用規約及び事務局の運営方法に従うものとし、その運営方法について一切異議を申し立てないものとします。
・本応募要項・規約は予告なく変更されることがあります。本応募要項・規約が変更された場合は、変更後の内容が直ちに適用されます。
・スターフライヤー社員および関係者の応募はご遠慮ください。

お問い合わせ
スターリンク事務局(TEL 0570-07-1001)
もしくはスターフライヤー公式WEBサイトからお願いいたします。